ヘッダサンプル

ケーブル(ケーブルに関するご質問と答え)

防爆ACサーボモータQ&A

ケーブルに関係するご質問とその答えを掲載しています。
防爆ACサーボモータのケーブルに関するご質問とその回答
防爆ACサーボモータのケーブルに関するご質問とその回答

Q. 防爆モータを可動部に使えますか?

A. ロボットケーブルを使用していますので可動部にて使用可能です。

Q. 防爆認証が取れていれば、ケーブルは保護しなくても良いですか?

A. ケーブル保護(電気配線)は防爆検定とは、別に考える必要があります。

防爆認証が取れていれば、ケーブルは保護しなくて良いということではありません。
ロボットに組み込む場合は、可動部で擦れが無いように固定したり、耐久試験などで担保し、ロボットメーカとして保証しています。またロボット内に組み込まず、危険領域内で使用される場合は(引き回しなどでケーブルをはわせるなど)ケーブルが損傷しないよう施工する必要があります。(鋭利なものが接触してもケーブルが損傷して発火源とならないよう)この場合は設備メーカにて保証することになります。

Q. 専用ケーブルはロボットに使用可能ですか?

A. 専用ケーブルはロボットケーブルを採用しておりますのでケーブルベアに対応しています。

ケーブルベアを使用する際は仕上がり外径(シース外径)の6倍以上の曲ケーブルベアを使用してください。
・動力用ケーブル RMFEV-SB(CL3)0.75SQ-6C AWG18(0.75mm2) 0.85mm =51mm
・エンコーダ用ケーブル RMFEV-SB(CL3)0.3SQ-7P AWG22(0.3mm2) 10.8mm =64.8mm

Q. ケーブル長20m以上などもっと長くすることは可能ですか?

A. ケーブル長は延長ケーブルを使用して最大15mとなります。

15m以上になると、アンプ~モータ間のエンコーダーケーブルにおいて電圧降下により、
 1)正常な制御ができなくなる 2)アラームが発生する
などが考えられます。

Q. ケーブルが動かない固定部での最小曲げ半径は?

A. 可動・非可動問わず、ケーブル仕上がり外径の6倍以上となっています。

Q. 防爆モータのケーブルの最長はどの位ありますか?

A. エンコーダの仕様に定める動作保証電圧を確保することから、15mを最長としています。

公開日:2019年6月10日

閉じる
SSL通信について
タクボエンジニアリングのウェブサイトでは、お客様のプライバシー保護のため、コモドジャパン株式会社のSSL暗号化通信を採用しています。
SSL
閉じる
CEMAメンバー
タクボエンジニアリングは日本塗装機会工業会の正式会員です。
CEMAメンバー
閉じる
お問い合わせ
タクボエンジニアリングへのお問い合わせはこちらからどうぞ。 (ウェブサイトのお問い合わせページにリンクします。)
ファクシミリ、お電話でもご相談を受け付けております。
FAX : 0475-50-0231
電話 : 0475-50-0211
閉じる
Skype
Skypeによるお問い合わせも受け付けています。どうぞご利用ください。
閉じる
TAKUBO-TV
タクボエンジニアリングの製品映像を集めたタクボチャンネル TAKUBO-TV(日本語版) を開設しています。
YouTube
こちらからご覧いただけます。
お問い合わせ