ヘッダサンプル

ドアミラー 1R2C 事例-1(SOFTBOY PRO W-Turn 8top 1R2C)

【ドアミラー1ロボット2コート】

中型アーム 自動 ドアミラー
ソフトボーイプロW-ターン8トップを使用。1台のロボットで2コート生産可能な塗装システムです。 色替え時間の短縮化、塗料使用量の低減を可能にしています。

ドアミラーの高輝度性塗膜を実現する、ドアミラー塗装専用システム

ドアミラーカバーパーツ専用塗装システム例

Adobe Flash Player を取得 ビデオの表示には、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

ドアミラーカバーパーツ専用塗装システム例
ドアミラーカバーパーツ専用塗装システム例

 ロボットは、Wターンタイプ-8トップを使用し、1台のロボットに4(4×2)ガンを装着。高速カラーチェンジシステムを搭載し、色替えが多いワークに対応しています。色替え、段取り替えの手間や時間、塗装コストを低減化した中量生産向けドアミラー専用塗装システムです。

特徴

色替えコストを削減

高速カラーチェンジバルブ

パワージョイント部に高速カラーチェンジバルブを装着し、数秒で色替え可能にしています。

洗浄液の大幅削減

シリンジポンプシステム

オリジナルシリンジポンプシステムにより、洗浄メンテナンスが簡単にでき、しかも洗浄用溶液を大幅に削減化します。

安定した塗膜を量産するRの技術

Rの技術

モデル別にドアミラーパーツの回転治具を専用に設計。ロボットの無駄な動作を無くし、さらにスプレーの細部にわたる条件設定で回転塗装による安定した塗膜品質を量産します。

Wターンタイプのソフトボーイプロを使用

8トップ式ダブルターン

ラインや治具の汚れを防止するために、色替えが多いラインには、Wターンタイプのロボットを採用します。さらにWターンのターンテーブルは高精度設計のため、ハンドリングロボットとの連携が得意。コンパクトな量産システムが完成します。

クリーンルームシステム

クラス10,000レベルでゴミ不良防止

塗装室内はクラス10,000レベルのクリーンルームシステムを設計しています。常に安定した温度/湿度環境を維持し塗膜性能を高め、自動車部品の厳しい品質管理に対応しています。

参考レイアウト

システムレイアウト

1ロボット2コート参考レイアウト
1ロボット2コート参考レイアウト

塗装工程

ドアミラー塗装工程
ドアミラー塗装工程

ドアミラー2コート塗装システム 仕様

仕様

ワーク取り付け個数 5個/リング 1回転治具当りのワーク取り付け個数  
ガン数 4丁ガン 1ロボット当り 
ワーク名称 ドアミラーカバー ー 

能力

塗装時間 約 6.25 秒 (1個当りの塗装時間) 
塗料使用量 約 10 cc〜/個 1個当りの塗料使用量(1コート)形状による 
生産量 576個/時 (1時間当りの処理量) 
閉じる
SSL通信について
タクボエンジニアリングのウェブサイトでは、お客様のプライバシー保護のため、コモドジャパン株式会社のSSL暗号化通信を採用しています。
SSL
閉じる
CEMAメンバー
タクボエンジニアリングは日本塗装機会工業会の正式会員です。
CEMAメンバー
閉じる
お問い合わせ
タクボエンジニアリングへのお問い合わせはこちらからどうぞ。 (ウェブサイトのお問い合わせページにリンクします。)
ファクシミリ、お電話でもご相談を受け付けております。
FAX : 0475-50-0231
電話 : 0475-50-0211
閉じる
Skype
Skypeによるお問い合わせも受け付けています。どうぞご利用ください。
閉じる
TAKUBO-TV
タクボエンジニアリングの製品映像を集めたタクボチャンネル TAKUBO-TV(日本語版) を開設しています。
YouTube
こちらからご覧いただけます。
お問い合わせ