ヘッダサンプル

一般

オイルブース、ドライテックなどの周辺機器に関するご質問とその答えを掲載しています。

周辺機器のよくある Q:質問 とその A:答え

オイルブースに関するQ&A

Q. 水洗ブースとオイルブースの違いは何ですか?

オイルブース
オイルブース

A. 基本的には、洗浄液とオーバースプレーの捕集方式の違いがあります。オイルブースの洗浄液は専用鉱物油ターボオイル(TABO-OIL)を使用しオイルがオーバースプレーミストを捕集します。
一般水洗ブースは、工業用の水を使用し水膜や高速に気流を起こして集塵効果を高めます。
オイルブースのメリットは、錆びないこと、静かなこと、長寿命であること排水処理設備が不要なことなどです。デメリットは、吹く量にもよりますが、若干の不向きな塗料(大量の焼き付け塗料、UV塗料など設備の手立て必要)などがあります。水洗ブースのメリットは、安価なことで、デメリットは、腐食の問題、水の腐敗や腐敗臭、騒音、排水処理設備の点で設置場所が限定的などがあります。※ターボオイル(TABO-OIL)はオイルブース専用で、タクボエンジニアリングのオリジナル製品です。

Q. 水洗ブースに合うスラッジ回収装置はありますか?

A. 水洗ブースに合うスラッジ回収装置は、別途有ります。ボス2000スラッジ回収装置は、オイルブース専用となっています。ご相談ください。

Q. オイルブースのオイルは燃えませんか?

A. オイルブースのオイルが燃える火災等の事象は一度も発生しておりません。オイルブースで使用するオリジナル洗浄オイル「TABO-OIL」(ターボオイル)の引火点は200℃。燃焼点は、287℃(TABO-300)です。オイルそのものが287℃に達しない限り発火しません。したがって、周辺の建屋が火災になっても、オイルブースの鉄板は焦げても、オイルは燃えずに残ります。

タクボエンジニアリングでは、オイルのこの燃焼点を逆手に取り、塗装用にオイルを使用しています。※引火点や燃焼点は、輸入された時点での石油によって変化します。MSDSでご確認ください。

除塵ブースに関するQ&A

Q. クリーンルームで使用可能な除塵ブースはありますか?

A. コンパクトサイズの除塵ブースエアージェッターミニがあります。この除塵ブースはダクトレスで、排気循環機構となっています。
高性能HEPAフィルターを使用しクラス10,000のクリーンルーム内でも使用可能。可動式でキャスターが付き、クリーンルーム内で移動可能です。防爆照明も付いています。

一般のQ&A

Q. 他社製のロボットにタクボエンジニアリング製のカラーチェンジシステムを設置するのは可能ですか?

A. 可能です。ハード的には問題ありませんが、システム上コントローラなど別途制御盤が必要になる場合があります。弊社で開発している製品は、基本的に弊社製品内での使用に最適化されています。製品によっては、単独使用や、エンジニアリング可能な製品、システムもあります。ご相談ください。

公開日:2016年11月1日

閉じる
SSL通信について
タクボエンジニアリングのウェブサイトでは、お客様のプライバシー保護のため、コモドジャパン株式会社のSSL暗号化通信を採用しています。
SSL
閉じる
CEMAメンバー
タクボエンジニアリングは日本塗装機会工業会の正式会員です。
CEMAメンバー
閉じる
お問い合わせ
タクボエンジニアリングへのお問い合わせはこちらからどうぞ。 (ウェブサイトのお問い合わせページにリンクします。)
ファクシミリ、お電話でもご相談を受け付けております。
FAX : 0475-50-0231
電話 : 0475-50-0211
閉じる
Skype
Skypeによるお問い合わせも受け付けています。どうぞご利用ください。
閉じる
TAKUBO-TV
タクボエンジニアリングの製品映像を集めたタクボチャンネル TAKUBO-TV(日本語版) を開設しています。
YouTube
こちらからご覧いただけます。
お問い合わせ