ヘッダサンプル

塗装用ロボットシステム(ラインダンサー)

中型アーム 自動 ドアミラー
ドアミラーパーツの塗装に必要な技術要素をロボット及びそのシステムに取り入れています。

ロボットの比較 従来機との違い

従来型ロボットとの比較
従来型ロボットとの比較

※搭載ガン数は生産量等の設計により変動します。※生産量はワークモデルや塗料の仕様により変化します。

従来機に比べ可搬重量が2倍に

  • 搭載可能スプレーガン数を高め量産効果を上げています。
  • プロパワージョイントのガンピッチの自由度を高め、対応可能ワークサイズの範囲を広げています。

ロボットシステム例

多品生産向けには ラインダンサー Wターンタイプ

  • ラインとロボットが分離。ハンドリングによる移載システムです。
  • ラインがオーバースプレーで汚染されるのを防ぎます。

大量生産向けには ラインダンサー ラインタイプ

  • 量産効果を高めたライン組込型システムです。
  • ブース幅を抑えるためにロボットの左右にアキューム機構を備えたドラゴンラインをレイアウトします。

高効率コンベアライン 「ドラゴンライン」

ドラゴンラインの概念図
ドラゴンラインの概念図

ドラゴンラインは、ロボットの左右に(ライン上ロボットの前後)アキューム機構を備えたコンベアラインです。
ロボットのブース幅が長くなると、給気風量も大きくなりエネルギーコストがかさみます。したがって、ドラゴンラインのアキューム機構によりブース幅を抑えることができ、エネルギーコストを大幅に抑えることが可能になります。

ドラゴンラインの仕組み

  • 1. アキューム機構Aが滞留を始め、ブース前は停止し塗装開始。同時にアキューム機構Bは滞留を放出。
  • 2. 塗装終了時、アキューム機構Bは滞留を始め、同時にアキューム機構Aは滞留を放出。ブース前のコンベアは高速で移動する。

コストパフォーマンスを高めます

  • ガン数が増してもブース幅は最小
  • 設置スペースの縮小
  • 設備の小型化と同時に生産効率向上
  • 吸排気コスト削減等トータルエネルギーコスト削減

コストパフォーマンス

※塗料消費量は弊社塗装テストによる平均値です。※生産量はワークの形状や塗料の仕様により変化します。
※塗料消費量は弊社塗装テストによる平均値です。※生産量はワークの形状や塗料の仕様により変化します。

汚れ防止用 ラインカバー OP.

ラインの汚れ防止カバー
ラインの汚れ防止カバー

オーバースプレーによるラインの汚れを防止する自動開閉式ラインカバー。コンベアラインの汚れを防止し、ラインをきれいに保ち、ゴミ不良対策としても威力を発揮します。

更新日:2017年7月21日

閉じる
SSL通信について
タクボエンジニアリングのウェブサイトでは、お客様のプライバシー保護のため、コモドジャパン株式会社のSSL暗号化通信を採用しています。
SSL
閉じる
CEMAメンバー
タクボエンジニアリングは日本塗装機会工業会の正式会員です。
CEMAメンバー
閉じる
お問い合わせ
タクボエンジニアリングへのお問い合わせはこちらからどうぞ。 (ウェブサイトのお問い合わせページにリンクします。)
ファクシミリ、お電話でもご相談を受け付けております。
FAX : 0475-50-0231
電話 : 0475-50-0211
閉じる
Skype
Skypeによるお問い合わせも受け付けています。どうぞご利用ください。
閉じる
TAKUBO-TV
タクボエンジニアリングの製品映像を集めたタクボチャンネル TAKUBO-TV(日本語版) を開設しています。
YouTube
こちらからご覧いただけます。
お問い合わせ