ヘッダサンプル

ドアミラー(W-Turn 8top)

【ドアミラー】

中型アーム 自動 ドアミラー
携帯電話で培った塗装技術と、最新のシステム技術により標準化した、ドアミラー塗装専用システム。
イメージCG:2コート対応塗装システム

Adobe Flash Player を取得 ビデオの表示には、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

イメージCG:2コート対応塗装システム
イメージCG:2コート対応塗装システム

塗料消費量を従来比約50%削減化や、高輝度/高品質塗装を実現。また、1台のロボットが2コートまで処理してしまうロボットシステム技術を具現化。今まで成し得なかった塗装コストを、大幅に削減可能にしました。

特徴

塗料消費量約50%の削減

従来型塗装システムに比べ、SOFTBOY PRO 8topは、回転塗装【Rの技術】を採用した薄膜多重塗りにより、塗料消費量50%削減など大きなメリットをもたらします。

治具の違い

治具の違い
治具の違い

塗装方法の違い

塗装方法の違い
塗装方法の違い

ロボット台数、ブース巾、約1/4に縮小。設備コストを大幅削減

2コート生産を基本とした場合、一般的な設備では2台のブースと4台のロボットが必要となります。SOFTBOY PRO 8topは、1台のロボットで2コートを処理します。そのため約1/4の設備ボリュームに縮小し、さらに、塗料消費量約50%削減します。

ロボットシステムの違い

ロボットシステムの違い
ロボットシステムの違い

塗料消費量の比較:1個当たりの塗料消費量(当社テスト比)

塗料消費量の比較
塗料消費量の比較

2コートの場合の設備の比較

2コートの場合の設備の比較
2コートの場合の設備の比較


※塗料消費量、生産量等の比較データは当社テストによるデータです。
※生産量や、塗料消費量は、ワークの形状や塗料により変化します。また、SOFTBOY PROがこれを保証するものではありません。

閉じる
SSL通信について
タクボエンジニアリングのウェブサイトでは、お客様のプライバシー保護のため、コモドジャパン株式会社のSSL暗号化通信を採用しています。
SSL
閉じる
CEMAメンバー
タクボエンジニアリングは日本塗装機会工業会の正式会員です。
CEMAメンバー
閉じる
お問い合わせ
タクボエンジニアリングへのお問い合わせはこちらからどうぞ。 (ウェブサイトのお問い合わせページにリンクします。)
ファクシミリ、お電話でもご相談を受け付けております。
FAX : 0475-50-0231
電話 : 0475-50-0211
閉じる
Skype
Skypeによるお問い合わせも受け付けています。どうぞご利用ください。
閉じる
TAKUBO-TV
タクボエンジニアリングの製品映像を集めたタクボチャンネル TAKUBO-TV(日本語版) を開設しています。
YouTube
こちらからご覧いただけます。
お問い合わせ