ヘッダサンプル

スワンロボット

スワンロボットに関係するご質問とその答えを掲載しています。

スワンロボットに関するQ&A

Q. なぜモーターを独自開発しているのですか?

A. ロボットを駆動させるための動力源としては、現存のモータでは大きく、しかも、防爆型が存在していないために防爆型小型のモータから独自開発しました。

Q. スワンロボットはなぜ、パールペイントを施しているのですか?

スワンロボット パールペイント
スワンロボット パールペイント

A. 塗装設備を日々清掃したくなる様作業環境の自主的改善と塗装品質の向上に繋がる様に、パールホワイトにしています。作業者が塗装に自信とプライドを持てる様にと考えました。

Q. コンベアーラインにも対応可能ですか?

A. 対応可能です。ダブルターンの無いタイプのスワンロボットをラインナップしています。

Q. ワンカップシステムとはどのような塗料ポンプですか?

A. 多品種少量生産向けのカップ充てん式塗料精密供給装置で、シリンジポンプと塗料カップを直結した塗料供給装置です。

Q. 世界に供給可能ですか?

A. 国内、中国、韓国での防爆検定を取得しておりますので、アジア圏に供給可能です。北米、欧州には防爆検定を取得しておりませんので只今供給することはできません。

Q. スワンロボットの基本メンテナンスはどのようになりますか?

A. モーター軸数が少ないため、メンテナンスしやすくなっています。駆動伝達用のベルトの確認、ボールネジへのグリス塗布などが基本メンテナンスになります。

Q. パソコンで制御するメリットは何ですか?

A. ティーチングの操作がしやすく、データの作成/修正や管理を容易にするためにパソコンを使用しています。

スプレーガンに関するQ&A

Q. スコッチガンシリーズのスプレーガンは自分でメンテナンス可能ですか?

スコッチガン メンテナンス
スコッチガン メンテナンス

A. スワンロボットに付属するガンは分解、洗浄しやすい構造設計されているのでユーザーにて修理が可能です。

Q. スプレーガンはいくつまで搭載可能ですか?

装着ガン数 ガン搭載例
装着ガン数 ガン搭載例

A. 片方2丁。両左右合わせて最大4丁まで搭載できます。下塗り用と上塗り用などと使い分けします。

回転塗装に関するQ&A

Q. リング径は何φまで可能ですか?

A. リング径φ500まで対応できるように設計しています。これ以上の大きい径では、逆に塗装コストを高める場合があるからです。

Q. 回転数はどの様に決めるのですか?

A. ワークの外径周速が2~3m/sになる様に回転数を設定します。

Q. ウェットオンウエット塗装は可能ですか?

A. 片方に2丁のスプレーガン(ダブルガン)左右合わせて4丁ガン仕様にて対応可能です。スプレーガン1は、A色担当し、スプレーガン2は、B色を担当するという具合に割り当てることで、ウエット オン ウエット塗装が可能になります。

コースワンに関するQ&A

Q. コースワンの搬送可能な重量はどのくらいですか?

コースワン
コースワン

A. 標準は5kgまで可能になります。また、スワンロボットには、2トップ仕様のWターンタイプがあり、車両用ホイールなど重量物ワークを搬送した塗装に対応しています。

公開日:2016年11月11日

閉じる
SSL通信について
タクボエンジニアリングのウェブサイトでは、お客様のプライバシー保護のため、コモドジャパン株式会社のSSL暗号化通信を採用しています。
SSL
閉じる
CEMAメンバー
タクボエンジニアリングは日本塗装機会工業会の正式会員です。
CEMAメンバー
閉じる
お問い合わせ
タクボエンジニアリングへのお問い合わせはこちらからどうぞ。 (ウェブサイトのお問い合わせページにリンクします。)
ファクシミリ、お電話でもご相談を受け付けております。
FAX : 0475-50-0231
電話 : 0475-50-0211
閉じる
Skype
Skypeによるお問い合わせも受け付けています。どうぞご利用ください。
閉じる
TAKUBO-TV
タクボエンジニアリングの製品映像を集めたタクボチャンネル TAKUBO-TV(日本語版) を開設しています。
YouTube
こちらからご覧いただけます。
お問い合わせ