ヘッダサンプル

シリンジポンプ

塗料供給装置シリンジポンプに関するご質問とその答えを記載させていただいています。

シリンジポンプに関するQ&A

Q. シリンジポンプで送れない塗料は何ですか?

A. 2液・1液・水性・UV・焼き付け塗料(大きな骨材が入っている場合や粉体塗料を除く)全てに対応しています。

Q. シリンジポンプとダイアフラムポンプと違いは何ですか?

8ガン対応 防爆シリンジポンプ
8ガン対応 防爆シリンジポンプ

A. シリンジポンプは注射器の構造によく似ています。さらに、シリンダーをモータにより制御することで微量を定量的かつ安定的に送る装置です。

防爆サーボモーターの回転数により正確に塗料を1cc単位で定量供給します。ダイアフラムポンプは空気作動で塗料を圧力供給します。空気の圧力のみで塗料を供給します。
※防爆シリンジポンプはタクボエンジニアリング製のみです。

Q. シリンジポンプの特徴は何ですか?

A. 精密な塗料供給が目的です。特に被塗物の部位により吐出量の可変に対応可能です。しかも、高度に制御が可能ということです。

Q. 危険領域での使用は可能ですか?

A. 防爆モータを使用しているので危険領域での使用は可能です。

Q. 何台までのスプレーガンに塗料を同時に送れますか?

A. 8ガンまで同時に塗料供給が可能です。

Q. どの位の粘度まで供給可能ですか?

A. 標準タイプでは30sec(NK-2)程度までの塗料を供給することができます。吐出量によっても異なりますので問い合わせをお願いします。

Q. 寿命はどの位ですか?

A. 使用塗料や稼働時間によって違いがありますが、通常メンテナンス状態で10年以上としています。

Q. ギヤポンプとの違いは何ですか?

A. シリンジは注射器の原理ですが、ギヤポンプは2枚のギアの回転で送る機構(精度がシリンジに比較して悪い)です。共に定量供給可能ですが、タクボエンジニアリング製シリンジポンプは1cc単位で制御可能。ギヤポンプは一般的に20cc単位で制御し、精密定量の度合いが異なります。

ワンカップシステムに関するQ&A

Q. ワンカップシステムの特徴とは?

A. ワンカップシステムは、頻繁な色替や色替に伴う洗浄時間を短縮する為開発された、簡易塗料供給装置です。約1L〜4L程度の塗料を専用のカップに入れ、そのままシステムにセットするだけで、ロボット等へ塗料を精密に定量供給します。防爆タイプのシリンジポンプを内蔵し、コントローラの信号を受けて、1CC単位で制御されます。また、構造がシンプルなために、洗浄作業も簡単に行えます。その簡単さゆえに「ワンカップ」と命名しました。※商標登録済みです。

オプション・関連製品

公開日:2016年11月11日

閉じる
SSL通信について
タクボエンジニアリングのウェブサイトでは、お客様のプライバシー保護のため、コモドジャパン株式会社のSSL暗号化通信を採用しています。
SSL
閉じる
CEMAメンバー
タクボエンジニアリングは日本塗装機会工業会の正式会員です。
CEMAメンバー
閉じる
お問い合わせ
タクボエンジニアリングへのお問い合わせはこちらからどうぞ。 (ウェブサイトのお問い合わせページにリンクします。)
ファクシミリ、お電話でもご相談を受け付けております。
FAX : 0475-50-0231
電話 : 0475-50-0211
閉じる
Skype
Skypeによるお問い合わせも受け付けています。どうぞご利用ください。
閉じる
TAKUBO-TV
タクボエンジニアリングの製品映像を集めたタクボチャンネル TAKUBO-TV(日本語版) を開設しています。
YouTube
こちらからご覧いただけます。
お問い合わせ